上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その偶然ばったりバンガローの街で会ったダンナくんの友達一家は、
前から会ってみたかったクリエイティブでナチュラルライフをしている家族。
想像通りのナチュラルオーラが漂ってました~

「うちにおいで」
と、気軽に誘ってもらったんで、遠慮なくおじゃますることに
マランビンビーというバンガローからは車でちょっとの街。


マランビンビーの街は小さいけれど街の人々のつながりを感じられるところ。
人々は助けあい、時には物々交換、大きなお店はなく、地元で成り立つ。
だから困ることはないそう。
いつも誰かがいてくれる。困った時にはもう一緒。
でもそれは土地に愛されているからだと思う。
ここの人たちは、人々と愛し合い、土地と愛し合っている。
その事が、それらに繋がっている。
その地に根付くとは、言葉では簡単だけれども、実際には深い。
大体の人は、産まれた地をここだと決めているけど、
歴史や宗教などなどいろんな事情でそうはいかない人たちが世に中にはいて、
行く先を求め続けている人たちもいる。

世界は広くって、いろんな人や街があって、
それらにたくさん出会える生活をしている自分を、あぁ幸せ者と感じる時がある。
なんでもないうちら夫婦に愛を与えてくれてありがとう。
オーストラリアというまだ根付けてない土地に飛び込んできて、
そんなうちらを心いっぱいに広げて愛してくれるみんなに感謝の日々。



お友達のおうちは、コンクリートの臭いのしない自然の風が吹きぬけていて、
夏なのに、春みたいだったな。
庭には、どこからか巨大うさぎが・・・

逃げませ~ん。
ドドーーーンって感じ(笑)

写真 2


いいおうちでした。

また、おじゃまさせてもらいま~~す



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。